フィリピン事業所概要

フィリピン事業所概要

DAIEI E&C PHILS. CORPORATION

Add : Room 400 VGP Center, 6772 Ayala Avenue, Makati
City, Philippines 1226
Tel・FAX: (632)846-7371
E-mail : daiei@jmaterials.com

会社概要

 社名 大榮エンジニアリング株式会社(大栄エンジニアリング)
 株式登記 2013年6月
 SEC No CS201314649 →SEC Certificate(PDF)
 Head Quarters 東京都品川区西五反田4丁目25番8号 〒141-0031
 電話番号 本社:03-3490-4475(代表)
   03-3490-4521(営業技術部)
工場:046-263-7611
 FAX 本社:03-3494-7673(代表)
   03-3490-5655(営業技術部)
工場:046-263-7440
 E-mail daiei@daiei-eng.jp

業種

エアーコンプレッサー販売、修理 及び空圧関連工場設備販売、修理

理念

国内で培った経験を生かし、お客様に最適・最善のサービスを提供することによりお客様の安定的な生産の向上に寄与致します。

目標

国内で培った経験を生かし、お客様に最適・最善のサービスを提供することにより、お客様の安定的な生産の向上に寄与致します。

特徴

日本国内において45年の圧縮機販売・メンテナンスの実績を持ち、常駐サービスマンは入社23年、国内各メーカーの技術者ライセンスを所持しており、お客様のお役にたてる事をお約束いたします。

メンテナンスメニューのご案内

生産設備に直結する圧縮空気の供給源としてご使用いただいている、エアーコンプレッサーの突発故障を未然に防止し、お客様にご安心して生産現場の効率化、快適化を推進して頂く事を目的とし以下の予防保全を提案いたします。

巡回点検

平日の稼働状態時に日本人サービスマンがエアーコンプレッサーの作動状況の確認を行い、運転データの記録、目視点検、触診点検によってコンディションの確認を行います。
今後発生が予想される不具合を報告し、対応方法をご相談する事によって大きなトラブルの未然防止する事を目的とします。
巡回点検時に確認できた、軽微で現場対応可能な不具合に関しましては、可能な限りその場で対応致します。
また、省エネに関する質問やお問い合わせ、コンプレッサー以外の空気圧関連機器の不具合等のご相談にもお答え致します。

典型的な不具合原因例

オイルクーラーのフィン部にホコリ等が付着し冷却効果の低下からオイル温度が上昇し加熱停止に至る。

オイル量の確認を忘れると油量不足かオイル温度が上昇し、加熱停止に至る為オイル量の管理が必要です。 また長時間使うとオイルが劣化し潤滑不足によるベアリング損傷の恐れがあります。

定期メンテナンス

前述の巡回点検によってコンディションを確認し、交換が必要な消耗部品や分解整備が必要と思われた場合には、メーカーの整備基準による推奨部品とは別に弊社独自の経験則を基にした部品交換、分解整備をお勧めいたします。

お問合せフォーム

サービス対応エリア

エリアマップ

弊社のエアーコンプレッサー
販売修理メンテナンスサービス
関東地域
東京都神奈川県千葉県
埼玉県茨城県群馬県を中心に全国へ迅速、丁寧な対応を心がけております。

大榮エンジニアリング
株式会社

東京本社
〒141-0031
東京都品川区西五反田4丁目25番8号
TEL:03-3490-4521